[カシオ] 腕時計 ジーショック G-STEEL スマートフォン リンク GST-B100D-1A9JF メンズ シルバー

メンズ腕時計

[カシオ] 腕時計 ジーショック G-STEEL スマートフォン リンク GST-B100D-1A9JF メンズ シルバー

[カシオ] 腕時計 ジーショック G-STEEL スマートフォン リンク GST-B100D-1A9JF メンズ シルバー説明

この商品について対象:メンズセット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証書は取扱説明書に付属日常生活用強化防水:20BAR衝撃や振動に強い耐衝撃構造スマートフォンリンク機能(ワールドタイム約300都市対応、アラーム、タイマー、針の位置補正、時刻入替)携帯電話探索機能2都市の時刻を同時表示できるデュアルダイアルワールドタイムガラス素材ガラス(無機・ミネラル)カレンダー機能有 ※フルオートカレンダー文字盤デジタル&アナログ;質量185g;電波受信機能有;駆動方式ソーラー

商品紹介タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから、異素材の融合によりメタルデザインの新境地を切り開くG-STEELのNew モデルが登場します。モジュールの小型化によりダウンサイジングを果たしたコンビネーションのGST-W310Dと、シリーズ初のアナログ表示によるクロ ノグラフを搭載し質感や装着性にこだわったGST-B100D に、ブラック×ゴールドの新色をラインアップ。文字板の発色を高めるため、発電効率に優れる遮光分散型ソーラーパネルを用い、アクセントにゴールドを配色 しました。時分針・インダイアル・インデックス・IP 処理を施したフロントビスに鮮やかな輝きを放つゴールドを採用。ブランドカラーを象徴するブラックに、ゴールドが放つゴージャスな輝きを組み合わせ、精悍 なフェイスへと昇華するデザインに仕上げました。GST-W310Dは、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6を備え、GST-B100Dは、ス マートフォンとのBluetooth 通信による機能連動で簡単設定、自動時刻修正を可能にします。時計としての正確な時刻表示を追求する実用的な機能を搭載しています。エッジの効いたステン レスベゼルを備え、バリエーションを広げるG-STEELに、華やかなゴールドを加えタフネスデザインを具現化したNewモデルの登場です。(こちらは GST-B100D-1A9JFになります。)●耐衝撃構造●タフソーラー(ソーラー充電システム)●20気圧防水機能●モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetooth通信による機能連動)●デュアルタイム(ホームタイムの時刻入替機能付き)●ストップウオッチ(1秒、24時間計、スプリット付き)●タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)●時刻アラーム●バッテリーインジケーター表示●パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると運針を停止して節電します)●日付・曜日表示●フルオートカレンダー● LEDライト(スーパーイルミネーター、残照機能付き)●フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間:機能使用の場合/約5ヵ月、パワーセービング状態の場合/約24ヵ月※ スマートフォンと連携しない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。※Bluetoothは、Bluetooth SIG, Incの登録商標です。※「iPhone」は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。※「Android」および「Androidロゴ」は、Google Inc.の商標または登録商標です。※その他の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。※GST-B100Dは、日本の電波法の認証を取得しています。※スマートフォンリンク機能に関しては、携帯電話本体の仕様および使用する国の通信事業者のサービスに依存するものであり、個々に異なります。ブランド紹介時計にタフネスという新たな概念を築き上げたG-SHOCK(ジーショック)。すべては、落としても壊れない時計をつくるという開発者の熱き信念、当時の常識を覆す、無謀ともいえる挑戦から始まった。200を超える試作が繰り返され、約2年にも及ぶ歳月が費やされ、完成したのが、耐衝撃構造。タフの中核を担うテクノロジーの誕生である。以来、G-SHOCKは、終わりなき進化を続けてきた。構造、素材、機能。あらゆる面から、さらなるタフを追い求めて。

[カシオ] 腕時計 ジーショック G-STEEL スマートフォン リンク GST-B100D-1A9JF メンズ シルバー口コミ通販

[カシオ] 腕時計 ジーショック G-STEEL スマートフォン リンク GST-B100D-1A9JF メンズ シルバーはこちら

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました