[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラック

[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラック

Aureole(オレオール)

[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラック説明

対象:メンズセット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証書は取扱説明書に付属日常生活用強化防水:10BAR□ ムーブ性能:月差±20秒以内

ブランド説明:正確で華麗なる、一秒一秒の動きが静かに美しい表情をたたえ、いつまでも高い精度を誇る「オレオール」。その名が”時”を刻み始めたのは、今から一世紀前のことです。西暦1895年、スイス・ショウデホン市に時の芸術家フィリップ・ウォルフによって誕生しました。この時計王国スイスの新生「オレオール」は、優れた機能性と洗練されたデザインによって、またたく間にスイス製高級ウォッチと呼ばれるまでに成長、世界各国の人たちに親しまれておりました。この由緒ある伝統を1986年に当社が継承し、当社特有の技術とセンスを取込み、更に磨きあげ、多くの人々に喜ばれる”時計”づくりに精進いたしております。世界のオレオールは日本で新たな歴史を刻んで10数年、これからも更なる歴史を刻み続けます。プレゼントやギフトとしてもおすすめです。

[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラック口コミ評価

まず、アマゾンの製品スペックの紹介の部分では、わからないことについて書くと、「ケース直径・幅」は、37mmと書かれているが、これは、竜頭の部分まで含めたサイズであって、普通、ラウンドケースの腕時計の場合、10時ー4時でケース径を表示するので、普通の方法で測ると、35mmというサイズになる。また、「文字盤カラー」は、ホワイトになっているが、どう見ても、ホワイトではなく、この色の名称としては、「シャンパンゴールド」という表現を用いるのが、一般的だと思う。ベージュのような、マットカラーではなく、中心から放射状の薄い模様がある、金属の光沢のある文字盤であり、PCの画面では、光沢のないベージュ系に見えるかもしれないので、注意が必要である。日本製ムーブメント使用とのことだが、JAPAN MOV’T という表示だけで、Cal.何番という表記はないので、具体的には、どこの製品であるかはわからないが、この価格帯のもので、世界で最も普及している、シチズン(ないしは、シチズン系列の、キャリバー専門メーカーであるMIYOTA)のものである可能性が高い。デザイン的には、カラトラバタイプの(現在のラインナップの中では、5227G-001に似ているタイプであって、96系のデザインではないが)シンプルな、ドーフィン針、センターセコンド、デイト表示機能付きのもので、シチズン製のものであれば、たとえば、ザ・シチズンのCTQ57-0934と、サイズ的には似ているが、材質・仕上げ・キャリバーの精度等々、高級感は比べものにならないし(ただし、そもそも、本当に高級感のある腕時計を求めているのであれば、カレンダー機能や、秒針といった、便利な機能が付いている時点で、そういう機能を必要とする生活、というのがイメージされてしまい、アウトである。つまり、秘書さえついておらず、自分でスケジュール管理しなければならない、という生活を、カレンダー機能付きの腕時計はイメージさせてしまう)、特にこの製品に付いている革バンドは、固すぎて使いづらいので、それほど重い製品ではないので、ラグ幅は19mmなので、19mmか、20mmの、もっとやわらかいベルトに交換した方が良い。この製品の良いところは、デザイン的に特に目立つ主張がないので、スーツにも合わせやすい大人のデザインであること、風防はサファイアではないようだが、100m防水、さらに、それほど細い針ではないにもかかわらず、10年という長寿命のバッテリーを使っているところである。もちろん、10年、というのは、運が良ければ10年後も動いている、といった程度の意味であって、10年間使えることを保証するというものではない。クォーツ時計は、比較的部品数が少なくてすむし、機械式のものと比べると、磁気の影響も受けにくいが、年差クォーツのような、特別なものでないかぎり、例えば、温度変化にも弱いし、革バンドは、基本的には消耗品だし、防水機能も、10年間も維持できないであろう。ただし、孫の代まで使えるような時計を、3年に一度はオーバーホールして使う、というのとは違って、1万円程度で買える時計であれば、何度も修理しながら使い続けるものではなく、とりあえず気に入ったデザイン優先で買えば良いのだし、100万以上する高級腕時計で、クロノメーター認定のものであっても、機械式のものであるかぎり、時刻表示の正確さでは、1000円で買えるクォーツ時計の方が、正確であるかもしれない。特に文字盤の色については、好みが分かれると思うが、それほど高級感はないけれども、スーツを着ている時に、G-SHOCKを使うといった、痛い組み合わせにはならないし、ソーラーバッテリーのものでも、特に二次電池の寿命が短くて、結局、電池交換の代わりに本体ごと交換するハメになるといったことを経験したことがある方にとっては、汎用性があって、壊れて買い替えても、ある程度の期間使った後であれば、それほど惜しくない、という値段の製品が、一番リーズナブルで、使い勝手が良いので、選択肢の一つとして考えても良い製品だと思う。

[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラック画像

[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラック

[オレオール] 腕時計 SW-409M-7 ブラックはこちら

タイトルとURLをコピーしました