[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバー

[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバー

ATTESA(アテッサ)

[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバー説明

対象:メンズセット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証書同梱日常生活用強化防水:10BAR耐アレルギー確認 : 耐メタルアレルギー商品 (メーカーによる表示です。ご使用前に商品本体をご確認ください。)原産国:日本ケース素材:チタン、精度: ±15秒/月(非受信時)、機能:10気圧防水、光発電:フル充電時約8ヶ月間駆動、99%クラリティ・コーティング、耐メタル、耐磁1種、夜光(針+インデックス)、デュラテクトTIC、ベゼル:上面サファイアガラスリング、ジャイロフィット、フィットアジャスター、パーフェックスマルチ3000,日中米欧電波受信、パーペチュアルカレンダー、ダイレクトチェンジ機能、アラーム機能、サマータイム対応耐アレルギー確認 : 耐メタルアレルギー商品 (メーカーによる表示です。ご使用前に商品本体をご確認ください。)

【先進性と高級感を兼ね備えるアテッサの最高位機種】アテッサの最高位機種であるダブルダイレクトフライト搭載モデル。針表示式のダイレクトフライトに加えて、メインタイムとローカルタイムをそれぞれ単独で操作できるデュアルタイム機能、メインタイムとローカルタイムを1ステップで入れ替えられるダイレクトチェンジ機能を備えています。加工の難しいチタニウムパーツを組み合わせた多層構造により、高級感あふれる立体的なフォルムを実現しています。ベゼルにサファイアガラスを使用し、さらに高級感をプラスしました。ベゼルの傾け角度を小さくし、見返しリングに時差表記を加えることで、直感的な見やすさを追求しました。文字板にはピラミッドパターンを施すことで、光沢と奥行き感を持たせています。デュラテクト加工を施したケースやバンドはキズに強いので、時計本来の輝きや仕上げの美しさをいつまでも保ち続けます。・ すべての金属アレルギーを生じさせないように配慮した耐メタルアレルギー商品(肌に触れる部分にすべての金属アレルギーを起こしにくい素材を使用したり、表面処理が施されているウオッチ)です。

[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバー口コミ評価

今回初めてCITIZENの時計を購入しました。決して安くはないですが、何と言っても電波ソーラーで時間の狂いがなく、チタンボディーで軽く、つけてるのを忘れるくらいです。今までTAG HEUER、ROLEXを使ってましたが外国製品にも劣らない綺麗な作りで大変満足してます。型は古いですがGPS機能は要らないし文字盤がゴチャゴチャしてないんで敢えてこれにして正解でした。さすがMade in Japanです。

デュアル球面サファイアガラスでコーティングがよく風防のガラスが美しい時計です。チタンで薄型なので軽い。ただ、文字盤の文字が小さく、曜日などちょっと見難く、またサマータイムの調整表示もややこしい。 メインタイムとローカルタイムに設定した2つの都市時刻を同時に表示し、1ステップで入れ替えることもできます(ダイレクトチェンジ)という機能があるが、いちいち分針がぐるぐるまわるのは、時間もかかるしどうかと思う。他社のように、時針だけ回せばいいのにと思います。

最初にカタログを見てAT9024-58Eと迷っていましたが、微妙なデザインの違いで値段の差ほどの価値があるのかと思っていました。実際に店頭に見に行き、その瞬間こちらに決まりました。まず文字盤が美しいです。両方とも文字盤の色は黒ですが、AT9024-58Eの方はガンメタのようなくすんだ色で、こちらは立体的な光沢のある光の反射によっては少しブルーにも見える綺麗な文字盤でした。さらにべゼルにサファイアガラスが使われていて、艶々で大変高級感があります。見た瞬間心を奪われ、値段の差以上の価値があると思いこちらを購入しました。時計を探し始めてからずいぶん時間がかかりましたが、最高の時計に出会えて大変満足しています。

2007年に購入したアテッサと基本性能は同等ですが、ガラス ベゼル バンドは進化していて、感心します。

10年くらい前にアテッサを買ってからフィットアジャスターのあるシチズンが好きだが、デュアルタイムが無かった時にカシオのオシアナスを買った。これも気に入っているが、バンドは夏にピッタリで冬はゆるくなってしまう。シチズンのデュアルタイムが数機種出てから、迷った末にこれを選んだ。最初の長谷部モデルに比べて華やかで、黒バンドよりも使うシーンを選ばないと思う。技術の進歩はすごいもので、日付が12時になると一気に変わるのには驚いた。電波の受信も感度が良くなった気がする(もちろん場所や方角が大事だが)。これまで使ってきた時計に比べて若干大きめで、少し重さも感じる。その分存在感はある。高機能だが、私はアラームは使わない。デュアルタイムの小さい方の時計が24時間計なので、ぱっと見で時刻が分かりにくいのが私には難点。

量販店で購入しました。もっと安い電波時計を購入予定でしたが、電波時計の中での出来はぴか一で、衝動買いしました。ベゼルのサファイヤガラスコーティングは、実用面の耐久性でも、見た目においても、非常に大きな良いポイントかと思います。この手のデザインの時計はSEIKOやCASIOから出ており、差別化が難しいと思っていましたが、適度な大きさ、厚くないこと、文字盤の配置のバランスのセンスの良さなど、一歩抜きんでている気がしました。CITIZENでも安いタイプのものは、ガラスが平面ですが、このモデルは曲面でその差は大きいです。ブレスはチタンなので、見た目はステンに比べ安っぽく見えるかなと思いましたが、非常に加工精度がよく、適度に鏡面があるので、程よい高級感があります。また、まだ1weekの使用ですが、デュラテクトのおかげか全く傷がつきませんね。これは気を使わないて楽です。見た目はブランドを除けば高級機械式時計とそれほど遜色ない仕上がりです。以下に改善してほしいポイントを書きます。値段からいうとやむを得ないかもしれませんが・・・。まず、第一は、①ソーラーパネル?の質感です。パッと見ではわかりませんが、よく見ると、パネルは結構うねっています。特に、日付や、その下の丸い枠などの回りに目立ちます。なんだか、薄い膜を張り付けている感じがして、安っぽさにつながります。もうひとつは②各種針の質感です。ここは、高級時計に大きく負けています。ここにお金を掛けると、高級感が大きく飛躍する気がします。ただの電波時計なら、5万も出せば、そこそこのものが手に入るので、このクラスの商品を買う人は、やはり、機能でなく、高級感の付加価値を強く求めていると思います。文字の色も白でなく、うっすらでも色を付けたほうが、良かったかと思います。あとは、③電波受信が弱いです。鉄筋の建物だと、受信できないことが多いです。私は、普段木造の家なので、問題ないですが、出張中など、受信できていないことが多々ありました。総じて、値段と機能、高級感のバランスが非常によく取れた商品だと思います。次期モデルはさらなる飛躍を期待します。

[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバー画像

[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバー

[シチズン] 腕時計 アテッサ エコ・ドライブ電波時計 日中米欧電波受信 限定モデル AT9044-51E シルバーはこちら

タイトルとURLをコピーしました